働き方改革導入支援

Introduction Support of Work-Style Reform

働き方改革導入支援

「働き方改革」の実現に向け、人事労務の専門家である社会保険労務士が企画立案・実行までサポートします。長時間労働の抑制、生産性向上の為の労務管理、適正な人事評価制度の構築、同一労働同一賃金に向けた職務分析等、これからの企業経営に求められる労務管理をご提案いたします。

業務内容

Business Outline

01

長時間労働の是正

勤務実態現状の分析をし、打開策検討を中期計画的に思案することで長時間労働の削減を目指します。長時間労働の是正をすることで、業務効率向上だけではなく、従業員が長く働きやすい環境づくりにもつながり、人材不足の解消にもつながります。

02

子育て従業員への対応

育児休業制度と復帰環境整備を中心に短時間勤務制度や子どもの看護休暇制度の導入など、子育てと就業の両立が可能な職場環境の構築を目指します。出産・育児などの理由による離職を減らし、優秀な人材の確保にもつながります。

過去の事例

Case Example

CASE
01

長時間労働の是正(卸・小売業/従業員800名)

労働基準監督署より長時間労働の是正並びに労働時間の適正把握に関する指導あり。

勤怠システムを刷新し出退勤を客観的操作により記録することとした。サービス残業の禁止を徹底する為に、PCの起動時間(作業時間)と出勤簿における労働時間の乖離を徹底的に分析。毎月労働時間を分析し、長時間労働の原因究明、組織と業務プロセスの見直しをはかり、長時間労働を是正することに成功した。

CASE
02

子育て中の正社員の短時間勤務等(クリニック/従業員30名)

子育てのための勤務時間調整や有給休暇取得が増加。

子育てと就労の両立の為、保育園の登園お迎えに応じて、従業員が自ら出勤・退勤時間を選択する制度を導入。正社員の立場を保持しながらも、適正な給与体系を導入し、労使双方に負担の少ない時短勤務制度を確立した。

アンケート

Questionnaire

「働き方改革」についての
アンケートをご活用ください。

「働き方改革」とは、これからの企業に求められる労務管理と言っても過言ではありません。非正規雇用待遇改善、長時間労働是正、在宅勤務、外国人雇用、女性活躍推進、人材育成・・・テーマは多岐難題にわたりますが、自社に適した「働き方改革」の実現に向け、まずは検討すべき労務管理の課題を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード

Download